UMA未確認動物〜摩訶不思議アドベンチャー
 

【UMA】

■河童 > 歴史

UMAというよりも河神とも水神または水神の使いとも言われ、精霊や妖怪に分類される河童だが、江戸時代の“河童研究書”である『水虎考略』(西尾市岩瀬文庫コレクション)には、享和元年(1801年)に水戸藩東浜で捕獲されたと記されている。
また、河童のミイラや骨等が数多く発見されているが、それらの多くは江戸時代に作られた多種の生物の一部を繋ぎ合わせたものである。
江戸時代に妖怪ブームがあったために沢山のミイラが作られたらしい。

以下、妖怪としての伝承を記しておく。

相撲が好き。
人間の体内にあるとされている架空の『尻子玉』を抜いて食べる。人間はそれを抜かれると腑抜けになってしまう。
また、シダの葉を数回頭に撫ぜると人間に化けられる。


川


このサイトは、Firefox1.5以上のバージョンにて最適化されています。Internet Explorerでは正常に表示できない恐れがあります。管理人はCSSに準拠したFirefoxをおすすめします。
Firefox 2 無料ダウンロード
   
Copyright (C) 2008 「UMA未確認動物〜摩訶不思議アドベンチャー」 All Rights Reserved.