UMA未確認動物~摩訶不思議アドベンチャー
 

【UMA】

■モケーレ・ムベンベ > 歴史

モケーレ・ムベンベという名前が一般に知られるようになったのは、シカゴ大学(アメリカ)の生物学者R・マッカル博士による探索が始まった1980年以降の事である。

しかしそれよりも200年も前の1776年にフランスの宣教師がコンゴの密林で巨大な動物の足跡を発見したという文献が残っている。

更に現地では、古くから言い伝えがあり、モケーレ・ムベンベという名称は少なくとも3体のUMAの総称となっている。

  • エメラ・ントゥカ(Emela-ntouka=リンガラ語で「水中のゾウ」を意味する)
  • ムビエル・ムビエル・ムビエル(Mbielu-mbielu-mbielu=リンガラ語で「背中に板が生えた動物」を意味する)
  • ングマ・モネネ(Nguma-monene=リンガラ語で「巨大な大蛇」を意味する)
また、1959年に現地人であるピグミー族がモケーレ・ムベンベを殺して食べたところ、食べた者が全員死亡したという話も残っている。


岩

このサイトは、Firefox1.5以上のバージョンにて最適化されています。Internet Explorerでは正常に表示できない恐れがあります。管理人はCSSに準拠したFirefoxをおすすめします。
Firefox 2 無料ダウンロード
   
Copyright (C) 2008 「UMA未確認動物~摩訶不思議アドベンチャー」 All Rights Reserved.